ファインバブルの使われ方 ~活用事例~

ファインバブルは多くの分野で応用・実用化が進んでいます。

ファインバブル特有の作用とファインバブル技術を活用して、多くの分野で日本発の応用・実用化の事例が増えています。国連が採択したSDGsの達成にも多くの面で貢献しています。

SDGsにおけるファインバブルの貢献分野

  • 高速道路サービスエリアのトイレ洗浄に使用する水量を99%削減
  • 研削加工機のクーラント液中にウルトラファインバブルを生成し、研削速度・精度が向上。砥石寿命が延び、ドレス頻度も低減
  • 機械部品に付着した油分の除去洗浄効率を90%向上
  • 大麦の発芽促進で成長率が46%向上
  • レタスの成長促進で成長率が20%向上
  • 医療器具滅菌の所要時間が大幅に短縮
  • 洗濯機への応用で洗浄力向上
  • バス入浴後の体表面温度が向上
  • シャワーで肌の角層水分量が向上

SDGsにおけるファインバブルの貢献分野

各社の応用技術の詳細は、次の各社ホームページでもご参照いただけます。

ファインバブル産業会の会員企業によるSDGs貢献の一例

企業名事例詳細
西日本高速道路高速道路サービスエリアのトイレ洗浄参照
三菱電機部品の洗浄参照
ヤマト科学医療器具の滅菌参照
東芝ライフスタイル洗濯機参照
サイエンスバス、シャワー参照
MTGシャワー参照
IDEC研削加工速度・精度向上参照

わたしたちの身の回りにはファインバブルを活用したさまざまな取り組みや製品があります。
詳しくはファインバブル産業会の会員企業・団体のホームページをご覧ください。